聖獣王ペガサスのデッキ構築持論

 前々から聖獣王ペガサスのデッキを考えているけども中々うまい具合に収まってくれないので、脳内整理も兼ねて書いておく。

 

 

 まず、ペガサスの能力の確認。

 

《聖獣王ペガサス》  

 光/自然 セイント・ペガサス 

 コスト6  12000

 ・進化V-自分のホーン・ビースト1体とエンジェル・コマンド1体を重ねた上に置く。

 ・このクリーチャーが攻撃した時またはバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが進化クリーチャー以外のクリーチャーであれば、バトルゾーンに出す。それ以外のカードであれば、自分の手札に加える。

 ・T・ブレイカ

 

 特徴的なのが攻撃時、場を離れた際に山札の上1枚が非進化クリーチャーならなんでも出せれるという能力。種族も文明指定もないので好きなクリーチャーを出せれる強力な能力。打点もあるし、パワーもあるしで魅力的な能力なのだが、活かすにはいろいろと大変な部分がある。

 

 

 

必要なお膳立てが多すぎる

 まず、ペガサスを場に出さないと話は始まらない。なので進化元が必要なのだが、ハンデスもあるし、3ターンキルも可能な今の時代にそれをしていられるほどの余裕があるのだろうか。

 

 1.指定の進化元を2体場に出しておき

 2.(マナを支払うならば)6マナまで貯めて

 3.用意した2体を消費して場に出し

 4.攻撃時にようやく能力が発動する

 5.しかしそれもランダム性の強い能力。

 

 強力な能力だがそれに対するコストがとても高いのである。でも、これくらいでバランスが取れているのかもしれない。

 

 致命的なのが単体では勝負を決めにいけないこと。大抵のクリーチャーを踏み倒せるという強力な能力は持つが、ペガサス単体ではただのTブレイカーなのである。除去が出来るとか、シールドを増やせるとかの状況を変えれる能力は自身にはないのであり、出るかどうかわからない踏み倒し先が持っているのである。

 

踏み倒し先と進化元のジレンマ

 進化以外のクリーチャーであればほとんど踏み倒せるという強力な能力を持つので、強力な能力を持つ高コストのクリーチャーを踏み倒したくなるのだが、そうなると序盤の動きが不安定になるという踏み倒し系統にはよくあるジレンマが発生する。

 キューブや連ドラなどは最低限の序盤に必要なカードを入れて残りは強力なカードにすることによって成り立っているが、ペガサスの場合は進化元しては優秀だが、踏み倒し先としては旨味のないクリーチャーを入れざるを得なくなる。

 

 

進化元を活かす 

【ホーンビースト】

 まず、ペガサスを場に出すには進化元を用意しないといけない。

 なので、エンジェルコマンドとホーンビーストを用意しないといけないのだが、ホーンビーストがあんまり強くない。

 使えるであろうホーンビーストは以下。

 

《鳴動するギガ・ホーン》

 おそらく一番使いやすいホーンビースト。クリーチャー1体をサーチできる。

 

《怒号するグリント・ホーン》

 新章で登場したトリガー持ち。指定したクリーチャーはプレイヤーに攻撃できなくなる。軽い。

 

《結界するブロークン・ホーン》

 水と闇の呪文を唱えるコストが2多くなる。4マナなのでルルフェンズに綺麗につながる。

 

《躍動するジオ・ホーン》

 エイリアンを種族に持つクリーチャーを1体サーチできる。4コストなので「光流の精霊ガガ・カリーナ」に繋がり、そこから「時空の霊魔シュヴァル」などを出せる。特にシュヴァルは覚醒後が強力なのでそこを狙う際には心強い。

 

 

 他にも何体か活躍できそうなのはいるが、それなりに活躍するんじゃないかと思えるのはこれくらいである。

 これら4体はパワーも低いし打点も低い、ペガサスから出てもハズレ枠になってしまうというのが割と厄介。ペガサスの進化元としてはいいけども、ペガサスの踏み倒し先としてはあんまり嬉しくないということなのである。

 

 

 

 

【エンジェルコマンド】

 エンジェルコマンドはデュエル・マスターズが発売された当初から強力なクリーチャーとしてデザインされているので踏み倒し先としてこちらは特に問題はない。

 ただ4~5コストのエンジェルコマンドには優秀なクリーチャーは多いので、早い段階での召喚を狙うならこのコスト帯を入れることになる。

 

《太陽の精霊龍ルルフェンズ》

 手札からコスト6以下のクリーチャーを出せるので、ペガサスなどの進化元として有名なのがルルフェンズ。最速でペガサスを狙うとなると必須になるカードなのだが、問題なのがホーンビーストと同じように進化元としては優秀だが、踏み倒し先として見ると微妙なのである。

 手札に踏み倒せるクリーチャーがいる状態だとただのバニラになってしまうし、コスト6以下の光という指定もデッキ構築の幅が狭まる要因となる。

 

《天罪堕将アルカクラウン》

 踏み倒しても美味しい上にアルカクラウンからペガサスおよび進化元を踏み倒せる。9マナ、パワー12000、多色、優秀な種族などサポートが受けられる。

 ただ、アルカクラウンから出せる踏み倒し先は7コスト以下という制限があり、フル活用しようとすると5文明が入ることになる。5色デッキだと色の配分が非常に難しく、7コスト縛りにするとペガザスの踏み倒し効果がやや旨みがなくなってしまう。そしてペガサスと同じく単体では大したことができないということが問題となる。

 そして何よりアルカクラウンを活用しようとすると、愛の無限オーケストラという強力な壁が立ちはだかる。5色の場合は特に。

 

 

【イノセント系統】

 一応、種族先の指定を無視できるイノセント系統のクリーチャーを代わりに採用することもできる。特にホーンビーストを採用しない選択肢があるのは構築の幅が広がる。

 

コマンダー・イノセント》

 水文明。ブロッカーとしても活躍できる。

 4→5と繋がるのでルルフェンズで最速を狙うこともできるし、ペガサスの出し方をルルフェンズから踏み倒しだけに絞ることによって自然のカードををペガサスだけにする構築にすることもできる。

 

《ドラグイノセント》

 火と自然で破壊されると手札からドラゴンが飛び出す。エンジェルコマンドドラゴンと相性が良く、除去耐性も付く。火という別の文明を追加する必要性が出てくるが選択肢としてなくはないと思う。

 

 

進化元解決

 補助としては強いカード生かそうと思うとNEO進化クリーチャーが優秀。NEO進化はペガサスから出すこともできるので相性は良いのである。

 

【ホーンビースト編】

《ハイパーマスティン》

 12000以上のクリーチャーを最大3体踏み倒せる強力なクリーチャーになる。ただしペガサスよりこのカードをを切り札に構築した方が強力なことが多く、うまい具合に調整しないと最終的にグランセクトデッキが完成する。

 似たようなカードに「バードリアント」「ストロング・ゴライアス/氷結ハンマー」があるが、マスティンは踏み倒し先の参照先がパワーだけであり、他はそれに自然文明のという指定が入る。なので、12000以上の光のクリーチャーが大量に入っていると、マスティンも選択肢に入る。

 

《剛撃古龍テラネスク》

《龍仙テラネスク》

《コレンココ・タンク》

 ギガホーンから繋がるブーストカード。6→10と繋がるのでマスティンやアルカクラウンと組み合わせる際には入れて損はしないカードになる。

 

【ルルフェンズ編】

《龍装者ヴァルハ》

 重ねることで2体フリーズができるようになり、ドラゴンを種族に含むので革命チェンジも狙える。

 

《星の導き翔天》

 タップしていると手札からの踏み倒しができ、攻撃曲げ能力も有する。コスト8までの光には強力なクリーチャーがいるので第2の踏み倒しとしても使える。

 攻撃曲げはペガサスに攻撃を曲げることによって12000までに対処できるようになり、例えペガサスが負けても踏み倒し能力で何かしら出るので損はあまりしないで済む。

 

 

 

速攻対策

 進化元を2体用意する必要のあるカードなので速攻デッキなどには弱い。

 なので速攻デッキへの対策が必要になってくる。当然、速攻とは分類されないような踏み倒しを早期に行ってくるデッキへの対策も必要になる。新章に入ってからは切り札になるようなカードは軒並み高コストながら早い段階で出せる設計になっているので、それらへの対処でもある(ジョットガンジョラゴン、煌世主サッヴァーク、デズザークなど)

 

《清浄の精霊ウル》

 ペガサスのためのようなカード。進化元としても踏み倒し先としても適しているトリガーブロッカー。

 

獅子王の紋章》

 革命0トリガー。呪文なのでペガサスとの相性は良くないが、ペガサスから出したいクリーチャーが強力なものであればあるほどこちらとの相性が良くなる。手打ちすれば踏み倒しもできるし、マナ加速にもなる。

 

《ミラクル・ミラダンテ》

 同じく革命0トリガー。光寄りのデッキにする必要があるが、出た時効果を持つ強力なクリーチャーがペガサスからの踏み倒し候補にいるようなら選択肢になりえる。 

 

 

踏み倒しメタへの対策

 ペガサスは踏み倒し能力が華なので、それが封じられると厳しいのでそれに対しての対策が必要になる。マッハファイターなどが選択肢になる。

 

 

自身が進化クリーチャーでジレンマ

 ペガサス自身が進化クリーチャーなのでそこでも問題が出てくる。

 山札をめくった際にペガサスがめくれるとハズレになるため、100%クリーチャーが出るということはデッキに1枚だけにしない限り狙って構築するのは難しい。

 

踏み倒し先を活かすには

 まず、能力でめくったカードがなにかしらいいものでないと能力を生かしたことにはならないので、そこをどうにかしないといけない。

 

 方法1.フルクリーチャーにする

 踏み倒しの常であるが、出来るだけ踏み倒せる確率を上げるためにクリーチャーでできるだけデッキを構築する。

 

《イチゴッチ・タンク/レッツゴイチゴ》

《黒豆男爵/白米男爵》

ナトゥーラ・トプス/ストンピングウィード》

《虹出る繭ミノガミ/帝の目覚め》

 踏み倒し先としてもそれなりに嬉しい序盤のマナ加速。ツインパクト様様である。

 ストンピングウィードは山札操作もできるのでペガサスデッキには重要だと個人的には思う。

 ただ、イチゴッチタンクは出てもただのTブレイカーなので加速を優先するならジャスミンに変更するという選択肢もある。もしくは12000をサポートするカードを入れると入る意義が出てくる。

 

 方法2.山札操作系のカードを入れる

 山札操作系のカードを入れると確実に好きなクリーチャーを出すことができるようになる。この方法で行くと呪文をデッキに入れることもできるようになる。

 ただ、大抵の山札操作系能力を持つカードはそれだけであることが多く「パルピィゴーピー」「アクアアナライザー」だとペガサスの能力で出たときは完全なハズレ枠になるし、ペガサスが場にいない状態だとほとんど意味がなくなる。

 

《勇者1号ハムカツマン蒼》

 多色カード限定ではあるが山札の上に固定ができるし、ペガサスから革命チェンジが可能なので能力が2回発動できるようになるというのは相性は良い。ただ、やはりペガサスから出ると山札を操作して終わりになる。 

 

 

 

 

ペガサスが入る必要性のある構築にする

 要は「これペガサスが入っている必要がないのでは」ということを防がないといけないということである。

 例でいうと、エンジェルコマンドは進化元としても、踏み倒し先としても優秀な種族なのだが、強力なエンジェルコマンドは大抵ブロッカーを持っている。なのでペガサス以外の踏み倒し要員として「ヘブンズ・ゲート」「星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート」などを入れると、最終的にペガサスが抜けて普通のヘブンズゲートデッキやアルファリオンデッキが完成してしまう。

 また、ペガサス以外にも踏み倒し能力のあるカードは沢山あり、殿堂解除された「ミステリー・キューブ」や「カブトリアルクーガ/ミステリー・ディザスター」など、ペガサスと同じように非進化なら踏み倒せるカードは沢山ある。種族指定なども含めればさらに沢山あるので、そこをうまい具合に回避する必要がある。

 上記のペガサスが出せなかった時とは別の踏み倒しルートが、デッキを乗っ取ってしまうかもしれない。

 

 

 

まとめ

 いろいろ書いてはみたものの、じゃあどういった構築が良いのかという結論は出ない。

 結局、これ他のカードが主役のほうが強くないか?ということがとにかく発生してしまうのである。

 

 

考えたデッキアイデア

武装ペガサス】

【バードリアントペガサス】

【天門ペガサス】

メタリカペガサス】

 サポートカードに焦点を当てるとペガサスと進化元が邪魔になる例。

 武装ペガサスはアルカクラウンデッキにペガサスが入ったという感じのデッキ。結局ホーンビーストで採用できそうなのが単色のみということや、オーケストラでいいよねということになり没。

 

【アラシペガサス】

 アラシタイガーというエンジェルコマンドを踏み倒しできるクリーチャーをサポートに置いたデッキ。アラシタイガーが重いことでマナブーストが増え「踏み倒しに特化するよりはマナ加速デッキにした方が早い」ということや、ペガサスからの踏み倒しもあまり決まらない、除去耐性が低いなどの理由で没。

 

【12000ペガサス】

 ツインパクトの序盤マナ加速に12000が多いこと、コレンココタンクやタマタンゴパンツァーなど自然文明を参照しない12000サポートがそれなりにいることから考えたデッキ。

 記事を書いている2019/2/3現在はこれがたぶん比較的マシな構築。

 

【火ペガサス】

 「龍装車マグマジゴク/地獄スクラッパー」や「"B-暴"砲台ストロンガ/絶対無敵シールド」など防御にもなるカードが何体かいたため。

 「新世界シューマッハ」で手札補充「無敵剣カツキングMAX」からマナ召喚も可能で、10コスト以上には強力なクリーチャーが多い。ただ、そうなるとビックマナで良くなってしまうので没。

 

【水タッチ自然ペガサス】

未検証。「コマンダー・イノセント」の項目にあるように、ホーンビーストが必要なくなる。

 

【無限攻撃ペガサス】

 一時期有名になった?タイプ。逆転王女プリンやゲラッチョ男爵などのクリーチャーを一体アンタップするクリーチャーを出して無限攻撃するタイプ。

 ワンパターンであることと、ペガサスが出せなかった時にはほとんど何もできずに終わってしまうので、没となった。

 

サバクのネズミ団!感想

 それなりに前にサバクのネズミ団をひとまずクリアしたので感想を書く。

 プレイしたのはNintendoSwitchのものです。

 

 

 

 

 

 レビューって基本的に後出しジャンケンなイメージがあって、これこうすれば面白くなるんじゃねというのは後からならいくらでも言えるものだと思います。製作者はそれを知っている上で、知っているからこそ今の形に行き着いたかもしれない。

 とんでもない時間と労力をかけて、ゲームとして世の中に出しただけでも十分凄いことだと思っていて、だからこれは製作者の方に対してものすごい失礼なことかもしれないけど、勝手ながら書きます。まず制作に関わったスタッフさん方には尊敬と感謝の意を表します。

 

続きを読む

 この頃ちょっと将来に向けての考え方が変わったように思う。結論から書くと、役職や地位を目指すのではなく、こういうことができる人間になろうという考えに変わりそうということ。

 

 何度か過去記事で行っているかもしれないけども、とある会社のデザイナーを目指していた。けど、それは叶わずに、その会社のインターンシップだとかアルバイトだとかも落ちてしまった。応募した時の自分は色々履歴書の書き方や社会マナーについて知らないことも多く、気分も今思うと良くなかったのでまあ仕方がなかったかなと思う。おそらく、その会社の人のものであろうブログにも「君はもっと変わらないといけない」と言っているに思えるものもあった。実際、自分は知らないことが多すぎるし、考えも浅い部分が多いなと感じる。生活習慣も相変わらずだし。

 

 それで、最初はその会社にやっぱり行きたいけど仕方がないよねというような感じで諦めたけど、色々と相談している方に「実力を付けてまた挑戦したらいいじゃない」ということでまた目指すようになった。一応それでまた色々頑張ろうかなと思うようにはなったけど、最近はそこを目指すというよりも、その会社に与えられたものを誰かに分けれるような人になった方がいろいろいいんじゃ無いかと思うようになった。まあ要は個人もしくは少人数で人に楽しんでもらえるようなものを制作しようということである。それが一番しやすいんじゃないかと思えたのが目指していた会社だったからそれを究極的にしようと思うのなら、また同じ目標になるんだろうけども、まずは個人でちょっとずつでもいいからやっておこうと思ったのである。

 

 まあ、ゲーム作ったことのない人間がゲームの会社目指していますと言っても今に時代難しいかもねとは思ったし、絵が描けます!だけじゃ物足りないようにも思うしね。

カツキングJr型ブライゼシュート

 過去にブライゼナーガのデッキを作ったのだけども、どうにもいまいちという感じが拭えなかったので結局崩してしまった。

 

 

 けども、新しくカツキングJrを組み込んだら面白いことになるんじゃないかということで新しく組み直したのでメモがてら書いておく。

 ヴィルヘルムなどが入っているものはトーナメントでよく活躍しているが、このバージョンだと活躍できるのかは不明。 

続きを読む

朝という地獄の始まり

 ここ数ヶ月就職相談所的なところに通っているのだけども、だいたい睡眠のことで色々言われる。

 

 「大抵の人は眠くても目をこすって起きてるんだよ」

 「目覚しで一瞬起きるんでしょ?そこで踏ん張るんだよ」

 「朝起きようという気持ちが足りて無いんじゃ無いの」

 「みんなできてるんだから君もできるよ」

 

????????????????????????

 

続きを読む

マナ加速型ブライゼシュート

 SST(スーパーシールドトリガー)が出てからブライゼナーガのデッキがだいぶ強化され、大会での入賞報告を何度も見かけるレベルになっている。昔のカードが新しいカードの登場によって化けるというのは好きだし、嬉しくはあるのだけどもよく見かけるブライゼシュートは組もうとするとそれなりのお金がかかる。主にヴィルヘルム。モアイランドやワルドブラッキオ、サイゾウミスト、修羅ベートーベンなどなど、それなりのするものは多い。

 なのでそれをどうにかした比較的安価なブライゼシュートがつくれないかということで考えてみた。

続きを読む

洞窟物語CaveStory+感想

 洞窟物語のswitch版をクリアしたので感想を書く。

 購入したのは3月くらいでクリアしたのは5月くらいだけど、記事を下書きのままに放置していたので公開するという感じ。デジャヴ。

 

 

 レビューって基本的に後出しジャンケンなイメージがあって、これこうすれば面白くなるんじゃねというのは後からならいくらでも言えるものだと思います。製作者はそれを知っている上で、知っているからこそ今の形に行き着いたかもしれない。

 とんでもない時間と労力をかけて、ゲームとして世の中に出しただけでも十分凄いことだと思っていて、だからこれは製作者の方に対してものすごい失礼なことかもしれないけど、勝手ながら書きます。まず制作に関わったスタッフさん方には尊敬と感謝の意を表します。

 

 

続きを読む