読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欠片を摘む

自身と対話するブログ

正解というものを求めたらキリがないんじゃないかと思った

日々の感想

 タイトルについてのことを普段の生活で思うことはありつつも、何度か忘れてドツボにはまってしまうので忘れないためにも書いておく。

 

 結論から書くと、正解以外は不正解という考え方は選択肢を減らさざるを得ないのではということ。

 この考え方は当てはまらないもの、というよりも当てはめてはいけないものもあるとは思う。むしろ逆で、不正解以外は正解になる場合はあると思うし、個人的にはこちらの考え方の方が好きだし増えて欲しい。

 

 

 今回書いておきたいのは人生観だとか価値観とかについての話で、正解以外は不正解という考え方に自分の人生が邪魔されてる気がしたからだ。

 例で言うとブログの文章の構成の仕方。ネット上にはたくさんのブログがあって沢山の文法で構成されている。長い文章を書いて載せている人もいれば数行で終わる文章を一つの記事にしている方もいる。語尾についてもそうで、〇〇であるのような語尾の人もいれば、〇〇ですねという語尾の人もいる。クソワロタだとかキマシタワーのようなネットらしい文章で構成する人もいる。自分は長い文章を書いているが、これは長い文を書く訓練をしたいと思うと同時に、ブログで文章を書く際には長文が一番活かしやすく思えるからだ。数行で終わる文の場合はtwitterでいいのではと思うし、画像を中心にするのであればそれもtwitterでよく思えてしまう。ただ、長文をSNSで書こうと思うとそれは難しいように思う。語尾については単にこの淡白な感じのほうが自分には合っていると思うし、ですます口調にするとなると以前のブログでですしか使わなくなり見づらくなった記憶があるためだ。

 と、理由はあるのだが、最近語尾を変えた方がいいのではと思うようになった。というのも読んでいて堅苦しいように思ったからだ。実際自分は物腰の柔らかい人間ではないし、ユーモアは無い。だから、このままでも良いのではとも思いはするものの他の方のブログを見ているともう少し親しみやすくしてみたく思うのだ。で、これが単なる興味のうちり変わりならばいいのだが、少し脅迫観念を含んでいる気がするのだ。だから多少なりともストレスは溜まる。

 なので下書きではあるもののやってみたところすごく悩んでしまいグダグダになってしまったので、今の状態になんらかのアレンジは入れてみたくは思う。

 

 

 ネットでの文章の場合はネットという凄まじい規模で、凄まじい人々の価値観が集まって文字や画像で自由にいろいろとできるためこうなっているのだと思う。ただ、これが現実世界の個人だったり数十人の集まりだったらどうなるんだろうか。

 個人の場合は自分の選択肢を狭めてしまい、悩みの種が増えてしまう。もちろん、自分で決めたルールを守ったり、これ一筋でいきたいという気持ちで行動してみるだとかは楽しいことだと思う。ただ、こうしないといけないという考えに囚われるようになったら上手くいっていない行動を延々繰り返すことになるので、面倒にはなるだろう。個人的にこれが最近多くなってきてしまって自分で選択肢を狭めてしまっている気はするのでこの記事を書いた。

 複数人だとか何十人だとかの集まりになるとこれまた面倒な話で、たまにこうでないといけない!!と他の人に価値観を強要する人や人たちがいる。この目的のためならばこっちの方がいいのではという代替案を提示したりしてみても大体は否定される。なんとなくだが、ならないというような固定化する言葉を使う人にはそういう人が多いようには思う。暗黙の了解というのも似たようなものだろうか。

 

 と、書いてみたが要はこうしなければならないという考えはいろいろ迷惑を自分や他人、あるいは両方にかけることがあるので考え直したいという話。正解でもなく不正解でもないグレーゾーンでも許容できるようになりたく思う。

 とはいえなんでもかんでも臨機応変に動けて、自分の気持ちをすっ飛ばして行動を移せれば苦労はしないと思う。