欠片を摘む

自身と対話するブログ

後悔するということは改善する余地があることらしい

 2ヶ月程前の話ではあるけどバイト先のリーダーに教えてもらったのでメモしておく。

 

 バイト先で辞めたいと思っていたのでリーダーには辞めさせてもらえませんかということを二週間前に伝えたところ、店長からもう一度考えてくれと伝言がきたと言われた。リーダーとしても辞めて欲しくはないようで、バイトを辞めたい理由を話した。

  理由は向いていないと思ったから(一部のお客さんへの対応がきつい、仕事をこなすのが遅いので残業になる)。自分なりに頑張ってはみたけども改善する感じには思えないので辞めさせて欲しいということだった。

 そうしたらリーダーには「そういう感じで、あぁできなかったなあと後悔するってことは改善する余地があるってことだよ」と教えてくれた。詳しい説明は忘れてしまったけども、確かそういうことを言っていた。その詳しい部分が大丈夫かとはなんだろうけども(

 

 自分としては本当に本当に頑張ったなら後悔せずに頑張って出来なかったんだから仕方ないよなというような気持ちになるんだろうから、後悔するようなできていない部分がまだあるってことなんだろうなと今は思う。

 ちなみに最近になってようやく残業がないような作業スピードになった。バイトを始めてばかりの自分は丁寧にやりすぎていたみたいだった。