ツインパクト型ペガサスを組んでみた

 ツインパクトカードというクリーチャーと呪文が組み合わさったカードが出て、それなりに経って、面白いことができないかと考えてきたけど、手元のデッキを見たらだいぶ強化できそうなものがあった。

 

 

 かなーりだいぶ昔のカードでで、能力は魅力的なんだけどもいろいろ難しい面があるためあんまり安定しなカード。ツインパクトというカードが出たためそれと組み合わせてみたところだいぶ良くなったので、それについて書いておこうと思う。

 

 

 

 

特徴

 ・進化元が2体「ホーンビースト」「エンジェルコマンド」の両方が必要

 ・攻撃時、場を離れた時にトップデック1枚が進化でないクリーチャーなら出せる

 ・パワー12000

 

 ツインパクトと組み合わせる理由としては2番目の「トップデックが進化ではないクリーチャーなら出せる」ということが大きい。

 

 

デッキリスト

 ×3 聖獣王ペガサス

 ×2 御狐目コンチ

 ×1 キリュー・ジルヴェス

 ×1 龍装者ヴァルハ

 ×4 太陽の精霊龍ルルフェンズ

 ×3 清浄の精霊ウル

 ×2 奇石クローツ

 ×3 鳴動するギガホーン

 ×2 怒号するグリント・ホーン

 ×1 ダンディ・ナスオ

 ×2 ディメンジョン・ゲート

 ×2 ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ

 ×3 龍装者ルギヌス/地獄のゴッド・ハンド

 ×3 黒神龍オドル・ニードル

 ×2 解体人形ジェニー

 ×2 神聖麒シューゲイザー

 ×4 逆転王女プリン

 

 

f:id:ymum:20180522165452p:plain

 

 

解説

 出した時にペガサスを起き上がらせるクリーチャーを積みまくって連続攻撃するデッキが有名だが、ペガサスを出せなかった時の動きが弱いのでツインパクトなどで柔軟にした。

 動きとしてはギガホーンでペガサスかルルフェンズの手札にない方をサーチして、次のターンにルルフェンズからペガサスを出して殴る。

 ここまでは一緒だが、シューゲイザーでプリンを、ルギヌスではウルも出せるので、条件が揃っていればだが、4体のどれかがペガサスの攻撃時効果で出ればペガサスを起き上がらせれる。アンタップクリーチャーガン積みの場合と比べると、シューゲイザーとヌギヌスが単体でそれなりのパワーと打点を持っているので、ペガサスが出なくても似たような動きができそれなりに戦える。キリュージルヴェスもいるので、ルギヌスを出す→シューゲイザーが出る→キリューが出るからの攻撃時効果でプリン、ウルを出すでワンショットもワンチャンある。

 また、このデッキの主力は踏み倒しの能力を使うのでそれに対するメタを入れる必要がある。ジェニー、ゴッドハンド、ギガタックハイパートラップで対応しているが、ワタンポポタンクなどのマッハファイターは大いに選択肢になり得る。

 

 

【聖獣王ペガサス】

 デッキの切り札。

 基本的にルルフェンズの上に重ねながら4、5ターン目に出すことを狙う

 

【御狐目コンチ】

マナを伸ばしつつ守りもできる色合わせ。速攻に弱いのでそれへの対抗策。

 

【キリュー・ジルヴェス】

 殿堂入りのSAとスレイヤー付与カード。シューゲイザーでプリンを、ルギヌスではウルも指定ゾーンから出せるようになるのでそれを強化する。サーチカードが複数あり、マナと墓地から踏み倒せるので割と出せる。

 

【龍装者ヴァルハ】

 NEO進化なのでペガサスから出せられる。通常時は攻撃時に2体タップするだけなのだが、進化で出せればフリーズできるので制圧力が高い。ルルフェンズのサブプランとして採用。そこそこの打点とパワーもある。

 

【太陽の精霊龍ルルフェンズ】

 基本的にペガサスを出す。シューゲイザー、ルギヌスの効果で出して手札のウルを間接的に踏み倒すこともできる。

 

【清浄の精霊ウル】

 出た時にクリーチャーを1体タップまたはアンタップできる進化元。ブロッカー持ちでトリガー付きなのでペガサスと相性抜群。

 

【奇石クローツ】

出た時に盾を一枚増やす。速攻に弱いのでそれへの対抗策。

 

【鳴動するギガホーン】

 進化元兼サーチ。

 

【怒号するグリント・ホーン】

 軽量進化元。トリガーで相手クリーチャーを1体プレイヤーへの攻撃を不可能にもするので、防御にもそれなりに使える。そんなに入れても強くなかったので2枚。

 

【ダンディ・ナスオ】

 シューゲイザーのためにマナにキリューやプリンを起きつつ、ルギヌスのために墓地にシューゲイザーやプリンを置く。場にシューゲイザーやルギヌスがいる場合を除いてペガサスで出てもほとんど旨みはないため、抜いても大丈夫なカードだとは思うが柔軟に動けるため採用。

 

【デュメンジョン・ゲート】

 もともとはトレジャーマップだったのだが、安定してクリーチャーを用意できるようにするため。

 

【ハイパー・ギガタック/ギガタック・ハイパー・トラップ】

 マナから出せれるツインパクト。ゲートやギガホーンでサーチができる。

 クリーチャー面はマナから召喚ができ、1枚マナへ送れるのでシューゲイザーの選択肢を増やせる。

 呪文面は全体除去。大量展開や、封印をされるとどうしようもないこのデッキだと結構活躍してくれる。

 

【龍装者ルギヌス/地獄のゴッド・ハンド】

 闇文明が入った最大の理由。進化元の除去に弱い、相手の場への対処が難しくなるというペガサスデッキの弱点を補うカード。出た時、攻撃時に墓地から7コスト以下の蘇生ができる。ペガサスは非対応だがギガホーンなどの進化元を蘇生できるので、ある程度のリカバリーが効く。ペガサスから出してウルやプリンを出してアンタップさせる動きもできる。呪文面は単純に1体除去できるだけだが、除去が難しかったペガサスの選択肢が増えて強い。プリン、ウルの蘇生もできるので連続攻撃もできる。

 

黒神龍オドル・ニードル】

 闇で防御が出来るクリーチャーということで採用。

 

【解体人形ジェニー】

 基本ハンデス。自分へのハンデス、進化元の除去をされると辛いのでそれの妨害。

 

【神聖麒シューゲイザー

 ペガサスで出ることによってプリンを出せられるので、ペガサス起き上がらせることができる。マナに埋めざるを得なかったギガホーン、ルルフェンズを出してペガサスを出す布石にもなる。

 シューゲイザーのギミックも入っているのでこいつ自身で攻めることもできる。

 

【逆転王女プリン】

 出た時にクリーリャーをタップまたはアンタップする。ペガサス、ルギヌス、シューゲイザーを起き上がらせる。トリガーも持っているので防御にも使える。基本的にゲラッチョ男爵の方がいい。

 

【その他】

【勇者の1号ハムカツマン剣】

 ペガサスから革命チェンジをすれば多色カードを山札の上に積み込み、それを出して、また新たに1体出せるかもしれないというロマン。ペガサスを持ってこられる利点もあるが今回の構築だと多色はあまりいないので見送り。

 

【トレジャー・マップ】

 最初はここからのイチゴッチタンク、ジャスミンをサーチして安定させていたが、2ターン目加速、3ターン目にグリントホーン、4ターン目にルルフェンズからのペガサスの動きぐらいしか活かせられる場面はなく、それもあまり安定しないのでディメンジョンゲートになった。自然以外のクリーチャーを選ぶことができない、5枚の中からしか選べれられないというのもこのデッキでは厳しいか。

 

 【傀儡将ボルボース/ジェニコの知らない世界】

 クリーチャー面でマイナス4000を出せるので洗脳センノーやミセクル、防鎧を倒せるがゴッドハンドと役割が被り、こちらではデスマッチビートルが倒せない。何よりルギヌスの蘇生が強い。ハンデスも何度もするわけではないので強くならない。

 

【霞み妖精ジャスミン】【イチゴッチ・タンク/レッツ・ゴイチゴ】

 2マナブースト。特にイチゴッチタンクはペガサスから出ても美味しいクリーチャーではあるものの加速カードが必要なのか疑問に思えたので抜けた。とくにジャスミンは出てもほとんど旨みは無い。

 

【青守銀ルヴォワ】

 攻撃曲げ持ちトリガークリーチャー。トリガーで出ると強く、ペガサスなどに攻撃を曲げることもでき、シューゲイザーでも出せられる。 が、素で出してもあまり旨みが無い、ウルと役割がかぶる。

 

 山札操作カード

 シークレットクロックタワーやパルピィゴーピーなどが入っていたが、ペガサスから出てもあまり旨みは無く、場にペガサスがあり手札にはこれらのカードがあるという状況もあまりなかったので抜けた。

 

【ワ・タンポポ・タンク】

 おそらく必須カード。なんで入れていないかというと持っていないから(

 ボルボースの解説にある通りこのデッキは踏み倒しに弱い。デスマッチ、妨鎧などはゴッドハンドで対抗できるが、ミセクル、特にオニカマスに対しての対抗策になる。相打ちになれば加速もできるので3→5の動きも可能になる。

 

 

 

 とりあえず、ペガサスとしてはいい感じの新しい型をつくれたのではないかと思う。これからもツインパクトカードは沢山出てくるだろうからもっと面白くなってくれると思う。